綺麗になりたい*美容レビューブログ

ずっと綺麗な女性でいたい。アンチエイジング美容や化粧品の使用感想・レビューなどを書いているブログです。


ツボ押しスリッパを購入しました。

グイ押し健康ルームサンダル ふみっぱ

購入したツボ押しスリッパは、
グイ押し健康ルームサンダル ふみっぱ (アルファックス)という商品です。

ふみっぱは、インソールの凹凸が足裏をグイ押しして、家事や家の中を歩きまわるなかで自分の体重により足裏が刺激されるというツボ押しスリッパです。 

   健康ルームサンダル(ツボ押しスリッパ) ふみっぱ ピンク (2)

メッシュ素材で通気性が良いため、暑い夏も快適にはけます。

適応サイズは23.0~25.0となっています。

ツボ押しスリッパ ふみっぱを履いてみた感想

最初にはいた時は足裏がゴツゴツしている感じで気持ち良さを感じませんでしたが、足裏の刺激にはなっているようで、毎日履いているうちに少しずつ凹凸に慣れてきました。

体重を利用して足裏が刺激されるということで、体重が多いと刺激が強く感じられるかもしれません。

両方のスリッパにタグがついていて、そのタグの部分が外側になるようにして使用します。

私が持っているグイ押し健康ルームサンダル ふみっぱはピンク色で、「毎日スッキリ爽快をめざす」というものです。

色によってインソールの凹凸の形が違っているようで、黄色(イエロー)のふみっぱは「シェイプに」と書かれています。


★楽天でレビューが多いものは、こちらのふみっぱ(健康足ツボサンダル)です。



★私が持っているスリッパはこちら



健康ルームサンダルふみっぱ 使用上の注意

⚫︎最初は様子をみながら徐々に慣らす
⚫︎痛みを感じる場合は、短い間隔から使用する
⚫︎痛みや違和感が改善されない場合は、ただちに使用を中止する
⚫︎足などに痛みや疾患がある方は医師に相談してください
⚫︎室内履きのスリッパです。
⚫︎治療を目的とはしていません
⚫︎妊娠中や階段の昇り降り、荷物を持っている時は充分に注意してください
⚫︎1時間以上連続での使用は控える。(2時間以上あけて再度使用する)
⚫︎用途以外の徐々は控える
⚫︎使用時に走ったり、飛び上がったりしない
⚫︎洗うことはできません。汚れた時はよく絞った濡れタオルで汚れを拭き取り、日陰干しする


敏感肌のエイジングケア化粧品 NOV(ノブ) L&Wトライアルセットの口コミ

ファンケル ハリ肌1ヶ月実感キット 化粧水&乳液の使用感想


スポンサードリンク


化粧品店の前を通りかかった時に
なにか化粧品のサンプルを配っていたので、もらいました。

そのサンプルは、イグニス(IGNIS)フラワースピリットという美容液です。

イグニスの化粧品はあまり使ったことがないですが、試供品をもらったので試してみました。
   

イグニス フラワースピリット 美容液


イグニス フラワースピリットは、朝と夜に きれいのサイクルを整える、花のような美容液です。

花のようなということで、女性らしい可憐なイメージの美容液です。

   イグニス フラワースピリット 美容液のサンプル
  
独自成分「白神産マロウ花エキス」を配合

マロウはヨーロッパ原産の多年草 和名はゼニアオイ
鮮やかな花部分は、赤い色をつくるアントシアニン、青い色をつくるディフィニジンというポリフェノールを多く含んでいます。
   

フラワースピリット 美容液のサンプル 使用感想


フラワースピリット美容液の液体は、白っぽい乳液のような液体で、顔につけてみるとベタベタせずスルスルとなめらかにのびて、つけごこちが良かったです。
 
花のエキスの香りが強いです。
肌が弱く敏感肌なため、強い香りの化粧品は皮膚に刺激にならないか心配になります。
 
お花の香りが好きで気にならない方には良いかもしれません。


イグニス フラワースピリットの美容液は、80ml入りで7,000円(税抜き価格)
少し高価な美容液だと思いますが、今回は2回分入った無料サンプルをいただいて、得したような気分です。
 
でも、皮膚が弱い私は、最近いろいろな化粧品のサンプルを顔に使用していたら、顔にかゆみが出てきてしまい…
手当たり次第にいろいろな無料サンプルをもらって使うことが得なのか損なのかわからなくなりました。

肌が弱い人が、使ったことのない化粧品を使用する場合は、いきなり顔につけないでパッチテストのように腕の内側につけて試してから使うのが良いかもしれないですね。

イグニス フラワースピリットの美容液は、香りが強く気になるため、もうひとつある試供品の袋は、脚のお手入れの時に使おうと思います。
脚に高価なイグニスの美容液をつけたら、お肌がつるつるになって きれいになりそうです。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ