100円ショップのダイソー顔のリフトアップテープを見つけたので、購入して試してみました。 

リフトアップテープはこれまで他のメーカーのものも使ったことがありません。

リフトアップテープというのは、顔の端の見えにくいところに貼って、頬や目尻、フェイスラインを引き上げるテープです。 
たるみを一時的に引き上げるテープですね。 

100円のリフトアップテープでちゃんときれいにできるのかな?と、あまり期待せずに買ってみたのですが、使ってみたら、これはすごい!と思いましたよ。 

ダイソー リフトアップテープは、20枚入りです。 

  ダイソー リフトアップテープ

皮膚貼付用テープ使用
透明マットで肌になじんで目立ちません。 

テープの上からメイクもできて、貼ったまま外出できるというものです。 

100円で安いですが、日本製で安心感があります。 

リフトアップをきれいに貼る

ダイソーのリフトアップテープは簡単に使えたのですが、最初2度ほど失敗しました。 

説明書の説明が少しわかりにくいのですが、①と②の番号があって、①のほうを指で持って②の下のテープをはがし、②を下にして顔に貼ります。 

最初 間違えて、①を下にして貼っていました。それでもちゃんとリフトアップしましたが。 

②のところを指で押さえて①を上に引っ張ると、テープがぐぐーっと伸びます。

ここで引っ張りすぎると皮膚にシワができてしまうので、引っ張りすぎないように注意します。 

あとは①の下のテープをはがして皮膚に貼り、ピンク色のテープをはがしたら完成です。 

最初は、ファンデーションをつけてメイクをしたあとにリフトアップテープを貼ったのですが、そうするとテープが皮膚によくくっつかなくて、すぐにはがれてきてしまいました。 

それで、次は化粧水や乳液をつけたあとにリフトアップテープをつけてみたところ、それでなんとか肌にくっつきましたが、でも、しっかりと肌に密着させるには、素肌に貼り付けるか、化粧水や乳液が皮膚に浸透して肌表面がぬるぬるしていない状態で貼り付けるほうがきれいにしっかりとつけられると思います。 

リフトアップテープは顔の端のほうに貼ったので、その上にはファンデーションなどなにもつけずに、テープ以外のところにファンデーションをつけてメイクして外出しました。 

リフトアップテープは透明で、顔に貼ってもあまり目立ちませんが、髪に隠れるような場所に貼って、外出しているあいだは髪がなびいたりしてテープを貼ったところが露出しないように気をつけていました。 

リフトアップテープを貼っているのが誰かにわかってしまったら恥ずかしいですからね…  


100円のリフトアップテープで顔が若返る

ダイソーのリフトアップテープは、耳の横あたりに貼ったり、目の横の髪の近くに貼ったりしてみましたが、頬や目尻が上に上がって良い感じでした。 

リフトアップさせると顔が若く見えますね  

100円+税の価格の安いリフトアップテープでこれほどきれいに目立たなく貼れてリフトアップできるとは思っていなかったので、これはいいと思いました。 

リフトアップテープは1回使って使い捨てですから、安い値段で良いものがあると嬉しいですね。 

リフトアップテープの仕上がりには個人差があるということです。 


リフトアップ使用中は頭が変な感じ

リフトアップテープを貼ったあとは、皮膚が上にぐっと引っ張り上げられていることで変な感じがしました。 

頭が少しクラクラしているような、軽く酔っている感じです。 
皮膚を上に引き上げ過ぎたのでしょうか… 

でも、リフトアップテープを貼ってから時間が経つと少し慣れてきて あまり気にならなくなりました。 


リフトアップテープは肌が弱い人は注意

リフトアップテープを使い終わってテープを剥がすときは苦労なく剥がすことができたのですが、しっかりと皮膚に貼りついていたため、剥がすときに皮膚が少し痛くて、テープを貼っていたところがちょっと赤くなっていました。 

使用後はなるべく早くテープをはがしたほうが肌には良いと思います。 
皮膚が弱い人が使用する場合は注意したほうがよさそうです。 

皮膚の赤みは、次の日には治っていました。


顔のたるみのリフトアップには、美顔器のリファもいいですよ!

リファカラットレイフェイス画像

リファ美顔器の使用感想・レビュー。たるみ改善・ハリ効果

スポンサードリンク